【電影少女×続編キャスト】
ドラマ電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」が2018年1月放送の前作が好評のため続編制作の運びとなった。
原作者の桂正和氏は週刊少年ジャンプの昭和最盛期を彩った作家陣の1人だ。
VHSテープを媒介にしてビデオから実体化する謎の美少女が織りなすラブストーリー
今作ヒロイン前回と真逆のベクトルに位置するダークサイドに特化した性格。
悪女神尾マイのワガママで自由奔放な振る舞いに翻弄される思春期の少年を描く物語の内容が想像できます。
前作主演の西野七瀬からバトンを引き継ぐ格好となった

乃木坂46山下美月って誰なの?って方々にも向けてその詳細を網羅していく予定です。
続編キャストやあらすじに関しても徹底的に掘り下げていきます。

ドラマ「電影少女2019」とは

「電影少女2019」概要


2019年4月からテレビ東京系列で続編ドラマの放送が決まった「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」。
男を手玉に取る小悪魔キャラが主人公となるシーズン2の概要やあらすじは下記の通り。
<番組名>
木ドラ25「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-
<放送局>
テレビ東京系列
<放送日>
2019年4月(具体的な放送日は未発表)
<原作者>
桂正和
<キャスト>
山下美月(乃木坂46) ほか

「電影少女2019」あらすじ

東京にある某私立高校に通学する主人公・叶野健人
ありふれた高校生の彼は、早くも両親の元を離れて1人暮らしを始めて今年で2年目に突入。
そんな健人は放送室で古びたVHSテープを発掘
期待に胸を躍らせながら家のテレビにセットするとモニターに映し出されたのは

神尾マイ(山下美月)

と名乗る同世代ほどの美少女。
この日を境に2人のミステリアスな同居生活がスタートする。
健人の願いを実現するために手段を選ばない姿はさながら悪女
実体化した圧倒的美少女の繰り出すドS発言自由奔放すぎる立ち振る舞いにたじろぐ人間たち。
望みを次々と実現して周りが見えなくなり始める健人。
最凶のワガママヒロインは1人の男子高校生に一体何をもたらすのか?

気になる!「電影少女2019」キャストについて

ここからは現時点で判明しているドラマキャスト情報考察を交えながら記していきます。

主演キャスト

(神尾マイ役・山下美月)


原作では天野アイの行く手を妨害する敵役として描写された悪女であり、本作の主人公
VHSテープを媒介にして実体化する通称ビデオガール
主には従順でありながら目的を実行するために手段を選ばないSな一面も併せ持つ美少女
この難しい役柄を演じるのは山下美月
乃木坂46の未来を担う次期センター候補と期待されています。
不動のエースだった前作主演の西野七瀬を尊敬する人物にあげています。
CanCamで雑誌モデルを務めるなど映像映え確実のルックスは折り紙つき。
演技については賛否両論意見が別れる様子ですが、

舞台やBS限定ドラマで主演をこなし経験もあり度胸は据わっていそうです。
難しい役柄に挑戦する事で才能が開花する可能性もありますし、

ファンならずとも温かい目で注目していきたいですね。

(叶野健人役・萩原利久)

ありふれた高校2年生の男の子。
本作もう1人の主人公
現在キャストは未発表となっていますが、誰が器用されるのか気になりますね。
前作も平凡な高校生といいつつ人気若手俳優の野村周平が選出された経験も踏まえ、

美男美女コンビでドラマ制作される未来が妄想できます。
志尊淳吉沢亮、ドラマ「中学聖日記」の主演も印象深い岡田健史

など各事務所ゴリ押しのイケメンがねじ込まれそうです。
※2019年3月8日追記しました
サディスティックな悪女ビデオガールに振り回されるダブル主人公を演じるのは叶野健人に決定しました。
日テレ系ドラマ「3年A組」を筆頭に人気映画にも引っ張りだこと今年注目の若手俳優。
デビュー10年越えの長きにわたる下積みで培われた演技力にも注目したい所です。

他キャスト情報

続いて他キャスト情報に関してですが、前作では多く描写される事のなかったキャラが主役の作品となりますので現時点では物語のサブキャストの面子すらも不明です。
友情出演として

  • 天野アイ(西野七瀬)

  • 弄内洋太(野村周平)


らが登場する可能性は大いにありそうですね。

スタッフ情報

2019年2月28日に更新された公式情報から脚本、監督など本ドラマを彩る重要な面々も発表となりました。
ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」を支えるスタッフ情報を下記に紹介していきます。

※2019年3月8日追記しました。

脚本

・喜安浩平
・山田能龍
・高野水登

脚本を担当するのは3名
メインを担う喜安浩平は、元乃木坂46・西野七瀬主演の前作から継続しての続投となります。
劇団員や舞台俳優に「はじめの一歩」では主人公役にて声優デビューするなどマルチな活動で活躍中。
脚本家としても映画「桐島、部活やめるってよ」でアカデミー賞を受賞するなどその多彩な才能を見せつけます。
舞台「16人のプリンシパルdeux」の脚本も経験するなど乃木坂46とも縁が深い。
山田能龍も前回から続投であり、新起用の高野水登は劇団きのこの森を主宰をする傍ら特撮ヒーロー作品や映画賭ケグルイなどを手掛けるなど他2人にはない活動をこなしています。

監督

・真壁幸紀
・湯浅弘章
・山岸聖太
・川井隼人

監督は4名選出されていて、本ドラマが全12話と過程した場合、各3話ずつを担う事になりそうです。
真壁幸紀は過去作品からの続投でありその経験を生かして監督チームの屋台骨を支える存在だと個人的には予想。
湯浅弘章山岸聖太といった乃木坂46のショートムービーやミュージックビデオに造詣が深い面々や、モテキアラサーちゃん無修正などテレビ東京発信の話題作に関わりがある川井隼人など面白い人選が目立ちます。

総監督

・関和亮

総監督に選ばれたのはこれまた前作から続投となる関和亮

1976年5月9日生まれの現在42歳で、ミスチル福山雅治木村カエラアジカンサカナクションといった錚々たるバンドやアーティストのミュージックビデオを多数手がけるMVディレクター

中でもPerfumeはインディーズ時代から現在進行形でビジュアル面の演出という重要なポジションを任される程に親交が深い。
ドラマでもネット配信限定から地上波放送など多数作品に監督として携わっている。

先読み!「電影少女2019」の展開をネタバレ

最後にドラマの内容を先読みしておきたいアナタに向けて原作情報をネタバレ

原作について

電影少女」は1989年から1992年に渡って国民的マンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」にて連載、全15巻が刊行されました。
話数にして130話の内、前作主人公の天野アイ編に関して116話、まだ映像化していない恋編が14話の構成になっています。
恋愛に悩む主人公ビデオガールを通して成長を遂げ、実体化した美少女と許されない関係に堕ちてしまうなど少しエッチでキュンキュンするラブストーリーが描写されています。
電影少女2019」はサブキャラ神尾マイが主役の為新たに書き下ろし要素が多くなるでしょう。
しかし、黄金期と呼ばれた時代のジャンプで根強い人気を獲得していた名作ですので原作を読んでおいて損することはないでしょう。

SNS意見まとめ

今春のドラマ放映を期待するファンの皆様のSNS肉声ツイートを下記にご紹介していきます。

肯定意見まとめ

批判意見まとめ


基本的に乃木坂46ファンの皆様からは山下美月の主演起用を褒めたり、早くドラマが見たいという期待の声が上がっていました。
ごく一部批判的なものに目を向けると、キスシーンを心配する男性の意見が。
推しにガチ恋をこじらせるほどの熱狂的なオタクからすれば、もし濡れ場なんてあったらショックは大きいでしょうね。
グループ自体の清純なイメージが崩壊れる恐れもありますし、苦言を呈したくなる人がいるのもわかります。
以上、2019年春放送の話題ドラマ「電影少女2019」について主演の山下美月をメインにドラマあらすじや出演キャストについて記させていただきました。
今なら原作が下記から閲覧可能ですので放送前に勉強したい方はぜひこの機会にお試しください。
電影少女の電子書籍を見るなら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事