【初めて恋をした日に読む話 最終回】
空前の「はじこい」ブーム現象を巻き起こす今期最大の話題作
TBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」は2019年1月の放送から人気を呼び物語はいよいよ中盤戦に突入します。
深田恭子演じる成功へのレールから脱線してしまい退屈な日々を過ごす世間知らずの30代前半箱入り娘・春見順子が主人公
横浜流星演じるユリユリ年齢職業違いのイケメントリオから求愛され今までの生活が激変。
恋愛経験ゼロな超がつく鈍感女の攻略に苦戦する美男子の示す行動は全女子の中で今や最大級の関心事に。
はじこいの最終回、気になりすぎて火曜日の夜眠れないですよね?
原作コミック「初めて恋をした日に読む話」からのネタバレを交えて東大受験、四角関係が織りなす恋愛模様のラスト結末を考察していきます。

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」とは

ドラマ「はじこい」概要

<放送日時>
2019年1月15日~3月某日 毎週火曜日22時より放送中
<放送局>
TBS系列
<原作>
持田あき「初めて恋をした日に読む話」
<脚本>
吉澤智子
<演出>
福田亮介、吉田健、坂本栄隆
<出演キャスト>
深田恭子、永山絢斗、横浜流星、中村倫也、石丸謙二郎、安達祐実、生瀬勝久、檀ふみ ほか
<主題歌>
back number「HAPPY BIRTHDAY」

ドラマ「はじこい」あらすじ

<番宣動画>


物語の主人公・春見順子(深田恭子)は東大受験の失敗から常にミス続きで人生への希望を失っていた
30代を迎え彼女が着いた職業はやりたくもない塾講師であり、そのやる気ゼロすぎる勤務態度から所属予備校を解雇寸前の危機的状況にある。
そんな良い所皆無の順子と仲が良い腐れ縁の従兄弟・八雲雅志(永山絢斗)
海外出張に日々追われる一流商社マンである彼は、学生時代から秘めた恋心を現していたが恋愛経験値がゼロの順子は全く気付く気配がない。
そんな矢先、ビビッドピンクの派手髪が特徴的なおちこぼれ高校生・由利匡平(横浜流星)無謀にも「俺を東大に入れてくんない?」と入塾を要求
誰もが「アホしかいない」と蔑むバカ高校に通う少年から無理難題を突き付けられた順子は断りきれない性格につけこまれ…。

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」出演キャストは?

「はじこい」ことTBSドラマ「初めて恋をした日に読む話」の出演キャストについて下記に紹介していきます。

ドラマ「はじこい」出演者一覧

    • (春見順子役/深田恭子)


本ドラマの主人公
可もなく不可もなく三流と呼ばれる予備校・山王ゼミナールに在籍する塾講師
高学歴一家に生まれ東大合格を確実視された才女であったが、受験結果はまさかの不合格。
大学受験の失敗から立ち直れず32才までの人生はミス続きというおちこぼれ女子。
男子を好きになった事がなく異性からの好意にはめっぽう疎い

    • (由利匡平役/横浜流星)


ピンク色の派手髪が特徴のイケメンおちこぼれ男子
掛け算ができれば入学できると蔑まれるおバカ高校に現役在学中。
官僚の父に男手1つで育てられ何不自由ない生活を過ごしてきたが親の愛情に触れた経験が希薄。
無口かつクールな現代っ子ながら内に秘めた想いは情熱的。
受験勉強の指導役である順子のひたむきな姿に惹かれていく。

    • (八雲雅志役/永山絢斗)


順子とは腐れ縁関係の従姉妹
学生時代から秀才で順当に東大合格を勝ち取って現在は一流商社に就職。
文武両道なイケメンで女子からの人気は絶大である反面、積極的な異性のアプローチに苦手意識を持っている
順子の事が好きで幾度となく好意を示すが全く気付いてもらえない。

    • (山下一真役/中村倫也)


空前のおバカ高校で教員をしている匡平の担任
昔は素行が悪かった元不良ながら現在は更生。
飾らない等身大の自分をさらけ出せる好青年で女性からモテるが高校時代から知り合い順子を好きになってしまう。

  • (春見正役/石丸謙二郎)
  • (春見しのぶ役/檀ふみ)
  • (由利菖次郎役/鶴見辰吾)
  • (松岡美和役/安達祐実)
  • (ゴリさん役/皆川猿時)
  • (梅岡道真役/生瀬勝久)
  • (勅使河原勉役/髙橋洋)
  • (もんちゃん役/真凛)
  • (西大井司役/浜中文一)
  • (江藤美香役/吉川愛)

ドラマ「はじこい」相関図

下記からドラマ「初めて恋をした日に読む話」に登場する人物の相関図を1枚の画像でご紹介します。

ネタバレ!ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の結末を考察

ここからは物語のラストに向けての展開が気になる「はじこい」の最終回に関して原作コミックの情報をネタバレしながら考察していきます。

最終回はどうなる?原作ネタバレ考察

はじこいこと「初めて恋をした日に読む話」ですが原作コミックは未完であり現在進行形で連載中となっています。
7巻まで発売されているその内容に関して、少しネタバレしますので知りたくない方はご注意ください。
四角関係の恋愛模様には格段の進展が見られました。
順子と匡平が付きっ切りの受験勉強の日々から関係を深め、両想い寸前の所まで来ています。
しかし告白の返事を流された雅志が「諦める」の一言を口にした事でさすがの超鈍感女子もその行為に気づき始めます。
順子はどちらを選ぶのでしょうか?
東大受験に関しては、まだユリユリがセンター試験前の模試を受けその結果が出たばかり。
C判定という厳しい結果が通知され、これから挽回する事はできるか気になる所です。
というわけで、まだドラマ最終回を迎えるにあたって色々な決着がついていない状況です。
もし話を完結させるなら、順子が東大合格したユリユリと結ばれるパターンがファン待望の展開でしょうか?
長い時間を共にした2人が結ばれる展開はわかりやすく王道のハッピーエンドと言えますし、個人的な意見ですが一発逆転のパターンは難しそうですね。
好評を受けて物語を敢えて完結させず、映画または2期ドラマに持ち越し
そんなパターンも妄想できますね。
以上、はじこいこと「初めて恋をした日に読む話」の最終回に関して原作情報をネタバレしながら東大受験や恋愛四角関係のラスト結末を考察させていただきました。
ここまで読んで原作が読みたくなったそこのアナタ。
下記から実質無料で閲覧できますので、ぜひこの機会にお試しください。
初めて恋をした日に読む話の電子書籍を見るなら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事