【麻雀放浪記2020×映画ネタバレ】
麻雀放浪記2020」がブームの再来も囁かれる中、30年の時を超えて再実写化が決まった。
伝説のギャンブラーでもある作家・阿佐田哲也氏が送る麻雀の世界に生きる賭博師の人間ドラマ
主人公演じる斎藤工さんが自らの熱意を伝えて実写化実現にこぎつけた本作品。
坊や哲が1945年から2020年にタイムリープするという現代未聞のコンセプトが発表されており早くも賛否両論の意見交換が展開されています。
2019年春公開を間近に控える中、マカオでは不適切と切り捨てられまさかの試写会中止事件が勃発!
炎上確実の大胆すぎるアレンジから問題作とまで揶揄されるその内容気になりますよね?
麻雀放浪記2020の映画ネタバレ情報原作あらすじ出演キャストについて詳しく掘り下げていきます。

映画「麻雀放浪記2020」とは

昭和から現代日本を舞台に複数のiPhoneを用いて収録された問題作映画「麻雀放浪記2020」の概要は下記の通り。

映画「麻雀放浪記2020」概要

<放映日時>
2019年4月5日
<原案>
阿佐田哲也
<キャスト>
斎藤工、もも、ベッキー、的場浩司、岡崎体育、堀内正美、小松政夫、竹中直人 ほか
<監督>
白石和彌
<主題歌>
CHAI「Feel the BEAT」

「麻雀放浪記2020」あらすじ

<予告映像>


時は2020年。
物語の主人公坊や哲(斎藤工)はなんと昭和時代真っ只中の1945年から65年後の未来にタイムリープしていた。
人間に代わってAIが活躍する社会に変貌した日本では職も娯楽の楽しむを奪われたその世界では、今頃開催されているはずの東京オリンピックが謎の中止を遂げていた。
状況が飲み込めないながらも彼は麻雀を打ちに向かう雀荘で待ち受けていたのはなんとAIだった…。

映画「麻雀放浪記2020」キャストについて

奇抜すぎる発想のあらすじでますます気になる映画の出演者キャスト情報は下記の通り。

主演とヒロイン

坊や哲役・斎藤工


本作品の主人公でありカリスマ的に語り継がれる伝説の賭博師
圧倒的な麻雀技術ギャンブルをやる為に生まれてきたような強運の持ち主
坊や哲役は原作小説のファンを自称し、再実写を熱望していた斎藤工が務める。
イケメン俳優が本作随所に見せるであろう泥臭い演技に注目したいですね。

ドテ子役・もも


20代前半の地下アイドル
麻雀に関してはズブの素人だが信じられない強運の持ち主であり類稀なセンスを武器に博打へ臨む。
チャラン・ポ・ランタン」所属のシンガーでもある美女は持ち前の明るさはキナ臭い世界でも抜群の存在感を放ちそうです。

その他出演俳優

クソ丸役・竹中直人


ドテ子の家で生活を共にする怪しい芸能事務所の社長
胡散臭い人相ながらアイドルをプロデュースしている。

八代ゆき役・ベッキー


住人の坊や哲に麻雀を指南した師匠でもあるアパート経営者
2020年では雀荘のママを務める。

ドク役・岡崎体育


突然2020年へタイムリープしてきた坊や哲の面倒を見ることになった青年
原作にはもちろん登場しない映画オリジナルキャラのアイドルオタク

今作最大の敵?AIについて

※2019年3月5日追記しました

主人公が昭和から平成の再度を迎えた世界にタイムリープする
など諸々奇抜な設定が多すぎる映画「麻雀放浪記2020」
ここでは、1945年から2020年に舞台を移した坊や哲の前に立ちはだかるAIについてご紹介していきます。

AIことセクサロイドとは?

東京オリンピックが中止という未曽有の事態が巻き起こっていた未来で
主人公の前に謎の美少女うさんくさい中年男性が追加キャストとして登場します。

ユキ役・ベッキー


国家を挙げて制作されたAIを搭載した完全無欠のアンドロイド
全身機械づくめの為感情はなく、緻密なデータに基づいた冷酷無比な麻雀スキルで坊や哲の行く手を阻む。

杜役・ピエール瀧


元オリンピック組織委員会の会長でユキの誕生に大きく関わる謎の親父。
五輪中止のショックから頭皮が薄くなり変わり果てた姿に。
運命の悪戯によって坊や哲の前に立ちはだかる厄介キャラとなる。

ベッキーは今作1人2役となり、主人公の師匠とラスボスという両極端のキャラクターを演じます。
ピエール瀧は白石監督曰く旧知の仲であり、マジメにシュールなバカを展開するコンセプトの本映画に欠かせない存在との談を述べています。

公開中止?公開1か月前にキーパーソン俳優が逮捕

2019年4月5日に公開を控える話題の映画「麻雀放浪記2020」ですが、ここに来てとんでもない事態が発生しました。
物語のカギを握るであろう出演俳優さんが逮捕されるという由々しき事態が発生してしまいました。
その事件と映画公開中止の噂について詳細を記していきます。
※2019年3月13日追記しました。

コカイン使用?俳優ピエール瀧がまさかの逮捕!

2019年3月13日の0時すぎに緊急ニュースが入りました。
テクノユニット・電気グルーヴのメンバーであり俳優業もこなす

ピエール瀧がコカイン吸引による薬物使用容疑で逮捕されてしまったのです。

ピエール瀧容疑者

白石和彌監督が自分の作品に必要不可欠といって鳴り物入りで招聘した俳優さんだけにショックは大きそうですね。
この事件を受けて、4/5の映画放映についてどのような影響があるのか調べた所
スポーツ報知の取材によって現在公開については協議中との情報を入手しました。
ピエール瀧は現在NHKドラマ「いだてん」に出演中で、

春夏公開予定の映画またはドラマにも出演が決まっていた為、関係者一同は大慌てでしょうね。
出演シーンを全カットして乗り切る事は不可能に近いイメージです。
代役を立てるにしても再撮影してまた編集する事になりますし、
個人的な予想としては2019年内の公開も難しいのではないか説を唱えていきたいところです。
映画「麻雀放浪記2020」の放映協議結果につきましては、続報が入り次第追記していきますので
楽しみにしていた方々はぜひ首を長くしてお待ちいただけたらと思います。

まさかの形成逆転?映画「麻雀放浪記2020」の放映速報!

ピエール瀧逮捕によって公開に関するあれこれが振りだしになったはずの

映画「麻雀放浪記2020」にまさかの緊急速報が入ってきました。
下記より具体的な公開日に関しての情報を紹介していきますのでぜひご覧ください。

映画「麻雀放浪記2020」予定通りの公開が大決定!


薬物使用による逮捕者の影響で年内中の公開も危ぶまれたはずの映画「麻雀放浪記2020」ですが、
上記ツイートからもわかる通り映画評論家とスポーツ誌という確かな情報源から
予定通り2019年4月5日の全国一斉ロードショーがほぼ決定した模様です。
重要な役柄すぎて再撮影と編集は不可能と判断した様子。
現状の映像で公開できないかまだ最終調整中の段階であるそうなのですが
全ては映画館へ有料コンテンツを見に来る来場者の自己責任
という方向性で通常通りの放映を強行する見込みなんだとか。
電気グルーヴのCDやDVDがあらゆるCDショップから全回収されたり
ドラマやCMの映像もゾクゾクと差し替えされる中でまさかの英断と言えます。
これは管理人の個人的な意見ですが、

逮捕されるような事件を引き起こした人物が罪に問われるのは当然です。
しかし、その他の俳優陣や映像制作にかかわった面々までその責任を負わされる筋合いはないんじゃないかと思うんですよね。
SNS上でも同じ意見を見ましたが、これは今後の映像業界が改善していくべき課題であって
早急に国会でも法律改正について話したり取り上げてほしい議題です。
ちなみに取り直しに踏み切った某映画の再撮影と編集にかかる費用は2500万円をみこんでいるそうです。

大逆転!「麻雀放浪記2020」は予定通りの放映を大決行

逮捕者出現で公開危機のあった本映画ですが、ついに英断が下りました
公式ツイッターや各種スポーツ誌にメディアでも大きく取り上げられていた

放映情報を下記にまとめて紹介していきます。

「麻雀放浪記2020」はノーカット公開が正式決定

まずは下記2つのツイートをご覧ください。


配給会社である東映社長の多田憲之監督の白石和彌

2人並んで記者会見した様子が写真から瞬時にうかがえます。
ノーカット放映に踏み切った決断理由として
「違法薬物の使用は許されざる問題だが、

だからと言って作品に罪はない」
と語る白石監督自らの肉声が掲載されています。
各ドラマや映画ではピエール瀧の出演部分カットや再撮影、

吹き替え声優もアテレコし直して差し替え。
カット不能の作品に至っては当面の配信停止を決断するに至っています。
今回の騒動の発端であるピエール瀧が出ている旨を
ポスターや映画内にて大々的に説明しておく

そのことで見る見ないは視聴者の気持ちに委ねる措置が取られました。
これ相当な話題になりそうな予感がします(笑)
もしかしたら2019年1番の動員数や興行収入を記録するほどバズる可能性秘めてるんじゃないかって管理人は思います。
ただ映画自体がかなり奇抜な発想の作品ですので、
面白いか否かは映画館にいって見ないと何とも判断できないのが難点かも?
もちろんネタバレも禁止にするでしょうし、
そう考えると物凄く上手いやり方だなって思いました(笑)
個人的に配給会社ならびに監督の
「転んでもただでは起きない精神」は好印象です。
管理人もぜひ映画館に足を運んで見てみたいなって気持ちが高まってます。

ネタバレ?「麻雀放浪記2020」の原作について

ここからもはや全く違う話が展開されそうな「麻雀放浪記2020」の原作についてご紹介していきます。

小説について

1969年に双葉社より刊行されたギャンブラー作家・阿佐田哲也氏の名作小説
戦後活気づき始めた昭和日本のドヤ街を中心に展開する麻雀をテーマに、坊や哲を取り囲む老若男女の織りなす人間ドラマは当時画期的な内容とされた。
青春編風雲編激闘編番外編全4作が発売されている。

漫画について

原作小説の人気もあり現在下記3作のコミックが発売されている。

・「麻雀放浪記」画・嶺岸信明(双葉社/全5巻)
・「麻雀放浪記 凌ぎの哲」画・原恵一郎(双葉社/全7巻)
・「麻雀放浪記2020 連載版」画・清水洋三(竹書房/10話まで発表・現在連載中)

この3作の中でも「麻雀放浪記2020 連載版」は実写映画と連動した内容になっているとの情報があり、最もネタバレに近い内容を楽しむことができそうです。
圧倒的奇抜さで原作ファンおいてけぼりの可能性もある問題作の動向にも注目していきたいですね。
ちなみに下記U-NEXTから今すぐ読んで楽しむ事ができちゃいます。
麻雀放浪記の電子書籍を読むなら


U-NEXTは雑誌なら50誌、電子コミックなら500作品以上が見放題のお得なブックサービスサイトなんです。
しかも今なら31日間の無料トライアル期間があり、

その恩恵を一か月にわたって実質タダで体験できちゃうとかとりあえず見るしかないですよね。
映画やドラマは80000本が見放題なのでついでに網羅しちゃってもいいかもしれません。
詳しいU-NEXTの体験方法は下記の関連記事ページ下部に載っているので

興味のある方はぜひご一読くださいませ。

以上、映画「麻雀放浪記2020」に関してネタバレ公開されている原作あらすじキャスト情報についても記していきました。
最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事