ディズニー・ピクサー製作によるメガヒットシリーズ待望の最新作「トイストーリー4」

2019年7月の放映決定と共に公開された予告ティザー映像にはウッディ・バズらおなじみの面々に加え、今作より参加のフォーキーが新登場

ご主人様に可愛がられる為、従順なおもちゃを演じる彼らが世界中のお茶の間を虜にするオールCGの世にも奇妙な痛快ドタバタストーリー

ファン待望の4作目にフォーカスを当てながら、過去作品を振り返ります。

トイ・ストーリー4が公開決定

世界的ヒット映画の「トイ・ストーリー」の第4作目にあたる「トイ・ストーリー4」が前作公開からより9年の歳月を経て2019年7月12日より日本全国ロードショー決定

同時公開されたティザー映像にはウッディ・バズらシリーズ3作品に登場したなじみ深いメンバーと両手を繋ぐ、新メンバー・フォーキーの姿が確認できます。

トイ・ストーリー4のあらすじ・概要

<タイトル>
「トイ・ストーリー4」

<公開日時>
2019年7月12日

<監督>
ジョシュ・クーリー

<予告ムービー>

「トイ・ストーリー」シリーズ第4弾は、今作より初登場の新キャラ・フォーキーにまつわる話をメインに描写されるようです。
フォーキーは、合成樹脂という脆い材質で作られた先割れスプーンにモールで急増の手足と目を付けられた事で命を宿しました。

そのルックスはおもちゃと呼ぶには心もとないチープな作りのボディになっています。

食器としての人生を歩むはずだった彼が訪れた急展開に「俺はおもちゃじゃない」と強い拒絶反応を示します。

果たしてフォーキーはウッディ・バズ一行と過ごす日々からおもちゃとして生きる運命を受け入れるのか?それとも…?

<前売り券情報>
2019年2月13日現在で情報なし。
ちなみに、前作「トイ・ストーリー3」は2010年7月に放映、前売り券発売は前年の12月でした。
この前例から考えて、そう遠くない時期での情報解禁が予測されますね。

<BGMについて>
未確定要素が多い音楽面について、予告映像のバックに流れるとある楽曲が話題となっています。

その曲はアメリカ出身のSSWであるジュディ・コリンズ氏が60年代に発表した「Both Sides Now」

これはアメリカ全土を恐怖で震撼させた映画「ヘレディタリー/継承」と同一のもの。

両作品になじみ深い視聴者がホラー展開を妄想するなどその話題は尽きません。

登場キャラクター・キャストの紹介

<ウッディ>

アンディの寝室で生活を共にする明朗快活なカウボーイ人形であり主人公

ご主人様が外に出た瞬間に意気揚々と動き出します。

個性豊かなおもちゃ達を束ねるリーダー的存在

<バズ・ライトイヤー>

ウッディからお気に入りの座を奪った肉体に多種のギミックを搭載する最新ロボット

アンディの元にやってきた際は自分がおもちゃである事を信じず、悪と勇敢に戦うスペース・レンジャーであると自負していた。

<ジェシー>

シリーズ2作目より登場したアンディの寝室では紅一点の女の子

陽気なじゃじゃ馬娘キャラであり、同じカウボーイ人形同士でもあるウッディにとって妹のような存在

<ボー・ピープ>

羊飼いで金髪ドレス姿が特徴の人形

アンディの妹が可愛がっている。

ウッディに絶大な信頼を置いていて彼に大して常に優しい一面を覗かせる。

今作のヒロインと目されている。

謎の新キャラ「フォーキー」とは

予告映像を締めくくる形で登場する今作より加入の新キャラクター

本来はスプーンとフォークの役割を1人で兼ねる合成樹脂製の使い捨て台所用品でした。

しかし、ご主人様である少女・ボニーのイタズラによってカラフルなモールでいびつな手足と両目が造形された事をきっかけに、半ば強制的にウッディやバズ率いるおもちゃの一員に。

しかし、自分をおもちゃと認めたくない一心で大声を出し、必死に抵抗。

その姿は皆の輪を乱す問題児です。

そのトラブルメーカー的な立ち振る舞いや発言はその予告映像からも確認できます。

先割れスプーンとしての人生を全うするはずが強制的におもちゃ化された事で反抗的な精神を持って誕生してしまったフォーキー

謎のベールに包まれたフォーキーは果たしてウッディ一行に何をもたらすのか?

そして、彼はご主人様に遊んでもらう事で得る喜びから「おもちゃとしての自我」を芽生えさせ、その道で生きる運命を受け入れるのか?

シリーズ4作品目の最重要人物のキーパーソンと言えるフォーキーの動向から目を離さない方がいいでしょう。

トイ・ストーリー1~3について

ここからはディズニー・ピクサーによって制作されたトイ・ストーリーの過去作品についてご紹介

<トイストーリー1>
金字塔的メガヒットを記録するシリーズの記念すべき1作目

アメリカでは1995年11月22日、日本では1996年3月23日に映画放映された。

ご主人様であるアンディのコレクションする人形の中で1番のお気に入りだったカウボーイのウッディが誕生日にやってきたバズにそのお株を奪われてしまいケンカしながらも次第に友情を深めていく…

<トイストーリー2>
シリーズ2作目。

アメリカでは1999年11月24日、日本では2000年3月11日に映画放映となった。

ウッディの右肩が傷つき中身の綿が露出する事件が巻き起こる。

アンディから嫌われる恐怖に苛まれながらも不用品セールの対象からはからくも逃れるウッディ。

しかし正義感の強さから売買の対象となった人形を救うべく外に出ると危険なおもちゃオタクに誘拐されてしまい…。

<トイストーリー3>
シリーズ3作目

アメリカでは2010年6月18日、日本ではその約一か月遅れの7月10日にそれぞれ公開された。

10年の月日が経ち、主のアンディは大学進学を考える年齢にまで成長していた。

屋根裏倉庫送り時のハプニングからバズやジェシーを始めとするおもちゃ達は保育所に贈呈されてしまう。

1人助かったウッディが仲間を助けに向かうとそこは居心地抜群の楽園であり…。

どうなる?トイストーリー4の展開を予想

シリーズ4作目の注目ポイントは大きく分けて2つとなります。

①無理矢理おもちゃにされた新キャラ「フォーキー」は仲間になれるのか?
②離れ離れになったヒロイン「ボー・ピープ」とウッディの恋の行方は?

①に関して、成人したアンディからわずか4歳の少女ボニーにご主人様を変更して和気あいあいと生活するおもちゃ達。

ボニーのイタズラから強制的におもちゃとしての命を受けた先割れスプーンのフォーキーは元食器としてのプライドから周りの場を乱す行動を繰り返しそうです。

トラブルを引き起こしながら物語をかき回していくな役割で盛んに絡んでいくのではないでしょうか。

果たして彼はウッディやバズらと和解し仲良くなれるのか?

それとも彼は元の食器に戻るのか?

この2点に注目して物語の動向を見守っていく展開が予想されます。

②に関して、元々「トイストーリー4」の物語は、ウッディとボー・ピープのラブストーリーが描かれるという情報でした。

ですが、シリーズ1作目からトリオでタッグを組んでいた監督、脚本担当2名が不祥事によって全員降板

内容の大部分、実に75%ほどが予定から変更になったと噂されています。

残り25%の部分でこの話が描写される場合、ウッディに春は訪れるのかどうかは大きな注目ポイントになるでしょう。

2019年夏の公開まで待ちきれないというせっかちなアナタ。
ぜひ下記より無料で予習しながら物語の続報を待ちましょう。

トイストーリーの映画を見るなら

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事